手から生まれるくらしの便り

大 洲 和 紙 と は 内子町五十崎地区では、江戸時代にご土佐の浪人が大洲藩の御用紙を漉きはじめ、越前からは善之進と呼ばれる禅僧が来て、住民に紙漉きの技術を教え、藩の産業として繁栄しました。一時は400軒以上の農家が、紙...