a b o u t

手 と 紙 について

2019.09.22-23 の2日間
松山市の港町 三津の古民家で
手紙を書くための時間
「手と紙」 が開かれました。

始まりは、
三津の古民家・旧鈴木邸に
初めて訪れ、過ごし、感じた個人的な想いから。

木の柱、畳の踏み心地、廊下のきしむ音、
修繕され使われ続けている建具や器…
それらを包むように流れる
中庭からの風、縁側へ日が落とす影…

それらすべてがつくりだしている
なんともゆったりと、自然と流れる時間

「この建物の空間・過ごす時間を
 もっと色んな方に味わってもらいたい」

一度は家主を失ったこの古民家を、
なんとかして「遺さなくては」と
住み継ぐ決意をした現家主の
熱い想いにも惹かれたのだと思います。
この場所ありきで始まった企画でした。

“手” で ”遺す” という言葉を大切に

かたつむりの歩みのように
ゆっくりとですが、

それでも確実に、
届けていきたい想いを
かたちにしていきます。

2020.10.16記
手 と 紙 発起人 
ゆるやか文庫 青山 優歩