手から生まれるくらしの便り

大 洲 和 紙 と は

内子町五十崎地区では、江戸時代にご土佐の浪人が大洲藩の御用紙を漉きはじめ、越前からは善之進と呼ばれる禅僧が来て、住民に紙漉きの技術を教え、藩の産業として繁栄しました。
一時は400軒以上の農家が、紙漉きを営んでいたと言われています。
現在町内で手漉き和紙を生産しているのは、天神産紙工場と、和紙工房ニシオカさんの2軒。

西予市野村町の菊池製紙さんの1軒。
ここでつくられている泉貨紙も大洲和紙の一種です。

天 神 産 紙 工 場 と は

愛媛県内子町五十崎・天神産紙工場。
小田川のすぐそばにあり、豊富な地下水に恵まれています。
この地域の和紙生産は平安時代の書物「延喜式」にも登場していて、江戸時代には、大洲藩の産業として栄えていきました。

なぜ内子町の和紙が「大洲和紙」なのかというと、内子町も大洲藩の領地だったからなのです。

かつて和紙作りは農家の副業として行われており、この地域一帯も、いたるところで原料を栽培していたり、農家さんが軒先で皮剥ぎをしていたり、職人さんの寮があったりと、あちこちで和紙づくりの光景が広がっていたようです。

天神産紙工場は大正初期に創業。
昭和に入ると、工場の規模、紙の質・量、どれも日本一と言われるほどになったそうです。

今は技を受け継ぐ職人は少ないものの若い頃からこの工場に通い、数十年の経験を持つ方も現役で、書道半紙や障子紙を中心に生産しています。

伝統的な技法を今も守り、伝えています。

大 洲 和 紙 見 本 帖
【天 神 産 紙 工 場 編】

見本帖の購入は
こちらから>