n e k i

かつてこの場所には、
内子の人々が漉いた和紙を集める、
「紙役所」がありました。
1000年以上の歴史をもつ「大洲和紙」の多くは、
この内子町で漉かれていて、
江戸時代には品質のよい和紙として
全国に出荷され、
半紙は日本一とも言われました。
今も伝統を受け継ぎ、
職人の手により
一枚一枚丁寧に漉かれた和紙には、
他にはないやさしさと温もりがあります。

手漉き和紙にはじまり、
木蝋、生糸の生産と、
まちの人々の手しごとで栄えた内子町。
そのDNAは、
今もこのまちに受け継がれているはず。


和紙を使って、こんなものを作りたい。
こんな部屋にしたい。

もちろん、日々の道具や贈り物、
お土産にも。

今の時代だからこそ、大切な人には、
手漉きの和紙で、
手書きのメッセージを送るのも素敵です。

それぞれの暮らしに溶け込む和紙を、
ここで探してみませんか。

w e b | https://nekiwashi.localinfo.jp

online shop | https://nekiwashi.theshop.jp